モチベーションに繋がる言葉!やる気にさせる心理学!アルフレッドアドラーの36の名言!【モチベーション】

adler's words

モチベーションが上がらない時もあります。誰にも話せないこともあります。そんな時にふと出会った言葉が、モチベーションを上げ、元気をくれることはよくあることです。

ここに記載するアルフレッド・アドラーの言葉は、僕が気に入っている言葉を選んだものです。

何か一つでも、心が動かされて、「名言だ!」と思い、一生寄り添えるような言葉がみつかることを願っています。

アルフレッド・アドラー 名言集

受け取るよりも多く、相手に与えること。
幸福になる唯一の道である。

感情の使い方を変えれば、人生は変る。

自分の感情で人を動かすのは子供
相手の感情を動かして人を動かすのは大人

感情はなにかの目的のための手段である。

人は相手と状況に応じて行動を使い分ける。
それはなにかの目的のためなのだ。

「なにもしてくれない」という悩みは
自分の事しか考えていない証拠である。

劣等感は目標を持っている証拠、
何かを目指しているから劣等感を感じるは当然なのだ。

劣等感は目標を持っている証拠、
何かを目指しているから劣等感を感じるは当然なのだ。

劣等感を言い訳にして人生から逃げ出す弱虫は多い。
劣等感をバネにして偉業を成し遂げた人も数知れない。

「他者は私を援助してくれる」
「私は他者に貢献できる」
「私は仲間の一員である」
この感覚がすべての困難からあなたを解放するだろう。

奪う人、支配する人、逃げる人は
幸せになることができないだろう。

自分を信じ、他人を信じる

褒めるのではなく、感謝しよう。
感謝が自主性を引き出してくれる。

苦しみから抜け出す方法はたった一つ
他人の役に立つことだ。
「自分になにができるか」を考え、実行すればいい。

意見が食い違っても、批判してはいけない。
違いがあるのは当然であり、違いを許容しなければいけない。

自分の不完全さを認め、受け入れる。

相手の不完全さを認め、許す。

相手にほめてもらうことを期待する必要はない、
自分が正しいことをしたのであれば、
それが「自己満足」でいい。

相手にほめてもらうことを期待する必要はない、
自分が正しいことをしたのであれば、
それが「自己満足」でいい。

判断に迷った時は、
より影響範囲が広い利益を優先すれば、
判断を間違うことはないだろう。
自分やその周りだけでなく、社会全体へ影響を優先するのだ。

同じ組織の中の評価を気にする必要はない
社会というもっと大きな市場で価値の高い人間になればいい。

勇気を失うと困難から逃げてしまう

自分の感情に気づけるようになれば、
独り立ちした証拠である。

失敗しても、またチャレンジさせよう、
「今度はうまくできるはず」だ。

期待を裏切られても、
相手を責める必要はない、
あなたの感情を言葉で伝えるだけで充分だ。

共感を表現するつもりなら、
自分の感覚を押し付けてはいけない、
相手の言葉を心で感じることだ。

1つのできないことが
全てをできないように勘違いさせる。
99個できていることを忘れてはならない。

「失敗ばかり」なのは
「たくさんチャレンジしている」からだ。

「せっかち」は「素早い」
「のろま」は「丁寧」
ものの見方を変えれば、世界は変わる

原因を指摘するより
解決策と可能性に集中するべきだ。

ほめることは上から目線であり、
相手を下の存在と伝えるのと同じだ。
感謝を伝えることが、勇気づける方法である。

相手の勇気を奪ってはいけない、
困難に立ち向かい克服する機会を奪うことに等しい。

ほめることは上から目線であり、
相手を下の存在と伝えるのと同じだ。
感謝を伝えることが、勇気づける方法である。

不完全な自分を認める勇気を持つ

人は「感謝」されることで「貢献感」を感じ
「自分に価値がある」と思えた時に
勇気を持つことができる

楽観的であれ。
過去を悔やむのではなく、
未来を不安視するのでもなく、
今現在の「ここ」だけを見るのだ。


アルフレッド・アドラーとはどんな人物か?

アルフレッド・アドラーは精神科医や心理学者、社会理論家といわれています。一言でいうと

「自己啓発の父」

と言われています。

アドラーが提唱する言葉や考え方は、基本的にポジティブ思考です。人の可能性を信じている人だったようです。つまり、それは自分自身の可能性も信じるということになり、自己承認や自己納得という部分に行き着く言葉や考え方がおおいのが特徴です。

俗に、アドラーの考え方に影響を受けて、自分の可能性を信じて「できない」と思わない人は「アドラー派」と言うこともあります。

1870年に生まれ、1937年に亡くなっています。現代の心理療法を確立した精神科医であり、心理学者です。

ここに記載している言葉は解釈を広げた言葉もありますので、その点ご了承ください。

アルフレッド・アドラーの人気書籍