小遣いを増やす方法は、ここをクリック

【保存版】マーケティング用語集(基本編)

マーケティング用語

マーティング用語の基本編としてマーケティングに関わる人が使っている用語をまとめて、わかりやすく解説していきます。
文字にリンクがついている場合は、文字をクリックすればより詳細な説明が閲覧出来ます。
継続的に更新していきますので、ぜひブックマークしておいてください。用語の追加依頼もお問い合わせからお願いいたします

マーケターになりたい人におすすめしたい7冊の本を選びましたのでこちらもどうぞ。
マーケターオススメ本マーケターになりたい人におすすめしたい7冊の本

マーケティング用語一覧

A

  • 営業などの短気的な消費者心理のプロセスの一つ
    「Attention:注目」→「Interest:興味」→「Desire:欲求」→「Action:行動」
  • AIDMA
    AIDAのDとAの間に「Memory:記憶」が入る。広告などのすぐに決断しない要素が入っている。
    「Attention:注目」→「Interest:興味」→「Desire:欲求」→「Memory:記憶」→「Action:行動」
  • AISAS
    インターネットの利用による消費者心理を表している。
    「Attention:注目」→「Interest:興味」→「Search:探索」→「Action:行動」→「Share:共有」
  • AMA
    アメリカマーケティング協会の略
  • AMTUL
    購入後の消費者心理も表している、消費者の反応モデル
    「Awareness:認知」→「Memory:記憶」→「Trial:試用」→「Usage:本格的使用」→「Lovely:ブランド固定」

C

  • CGM
    Consumer Generated Media(カスタマージェネレイテッドメディア)の略 消費者生成メディアの略で、口コミやSNSなどの消費者自身が形成するメディアのこと。
  • CI
    Corporate Identity(コーポレートアイデンティティ)の略 企業が経営理念に基づいて、企業イメージや行動様式を統一していくこと
  • CRM
    Consumer Rerationship Management(カスタマーリレーションシップマネジメント)の略
    顧客との関係の向上を目指す考え方
  • CSR
    Corporate Socia Responsibility(コーポレートソーシャルレスポンスビリティ)の略
    企業の社会的責任のこと

E

  • ECサイト
    ECとはElectronic Commerce(エレクトロニックコマース)の略
    ネットショップやネット通販と言われる「電子商取引」のこと

F

  • FSP
    Frequent Shoppers Program(フリークエントショッパーズプログラム)の略
    高頻度で来店する優良顧客に対してプロモーションを展開するもの

G

  • GRP
    Gross Rating Point(グロスレイティングポイント)の略
    累積到達率、延べ視聴率のことで、見込み資料数に対する広告を見た人の延べ人数の割合

I

  • IMC
    Integrated Marketing Communications(インテグレーテッドマーケティングコミュニケーション)の略
    統合型マーケティングコミュニケーションのことで、伝えたいメッセージに一貫性をもたせて、様々なプロモーション手法を使う考え方。

P

  • PDCAサイクル
    「Plan:計画」→「Do:実行」→「Check:評価」→「Action:改善」の略で、単にPDCAとも言う。
    Aの後はPに戻り、戦略を実行しながら改善していく手法
  • PDS
    「Plan:計画」→「Do:実行」→「See:統制」の略
    PDCAと同様に戦略実行のための手法の一つ。PDSもSの後はPにもどる
  • POP広告
    Point of Purchase(ポイントオブパーチェイス)の略で、単にPOPとも言う。
    小売店の店頭に展示する販促用の広告物のこと。
  • PPM
    Product Portfolio Management(プロダクトポートフォリオマネジメント)の略
    市場の成長性と、相対的な市場占有率で製品を、花形、金のなる木、問題児、負け犬の4つに分類し、事業のバランスを可視化すること
  • PR
    Public Relations(パブリックリレーションズ)の略
    さまざまな集団(パブリック)と良好な関係を形成し、維持していくこと。

R

  • RFM分析
    「Recency:最終購買日」「Frequency:購買頻度」「Monetary:購買金額」の3つの観点で、分析する方法

S

  • SEO対策
    SEOとはSearch Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)の略
    検索エンジンのルールに最適化したWebサイトにするための対策
  • SNS
    Social Network Service(ソーシャルネットワークサービス)の略
    Facebook、twitter,LINEなどのコミュニティ型のWebサービスのこと
  • S−O−Rモデル
    消費者行動分析モデルの一つ。
    Stimulus(スティミュラス:刺激)Organization(オーガニゼーション:生体)Response(レスポンス:反応)モデルの略
    消費者を刺激→消費者の心境変化→消費者の反応
  • S-Rモデル(刺激ー反応モデル)
    消費者行動分析モデルの一つ。
    Stimulus(スティミュラス:刺激)Response(レスポンス:反応)モデルのこと。
    消費者の心理変化を考慮しないで、刺激と反応だけを考える
  • SWOT分析
    Strength:強み(ストレングス)、Weakness:弱み(ウィークネス)、Opportunity:機会(オポチュニティ)、Threat(トリート)の4つで、企業の外部環境に対する、自社の強みと弱みを分析する手法

V

  • VRIO分析
    Value:価値(バリュー)、Rarity:希少性(レアリティ)、Inimitability:模倣困難制(イニミタビリティ)Organization:組織(オーガニゼーション)の4つの点から自社の経営資源を分析する手法

  • アウトバウンド
    顧客あるいは見込み客にたいして電話をかけてアプローチする営業手法
  • アップセル
    商品を購入した顧客にたいして、さらなる商品の購入を推奨する販売行為
  • アドバトリアル
    編集記事の中に広告を折り込む雑誌の広告形態のこと。記事広告ともいわれる
  • アフィリエイト広告
    成果報酬型の広告手法の一つ。
    ウェブサイトやメールマガジンなどを運営している企業や個人が、広告を掲載し、広告主に成果があがった時点で広告費用を支払う手法

  • 維持的広告
    ブランド名の記憶やイメージ、また、マーケットシェアを維持するための広告
  • インターナルマーケティング
    社内に向けたマーケティングのこと。
  • インターネット調査
    Webページ上に用意したアンケートへの回答や、メール、SNSを活用した調査手法のこと
  • インタラクティブマーケティング
    企業と顧客が行う双方向のコミュニケーションに基づくマーケティング
  • インバウンド
    顧客または、見込み客から電話で注文を受ける営業スタイルのこと
  • インフォマーシャル
    インフォメーションとコマーシャルをあわせた造語で、情報番組形式の広告

  • エクスターナルマーケティング
    企業が顧客に対して行う4Pを中心とするマーケティング活動のこと
  • エブリデーロープライス(EDLP)政策
    小売店で商品を、特売に限らずつねに低価格で販売する政策

  • オウンドメディア
    オウンド(Owned)自分たちのメディアという意味であり、自社メディアのことである。ホームページなど。 
  • オーダーゲッター(創造的人的販売)
    潜在需要を開拓し、新規顧客を獲得する販売員のこと
  • オーダーテイカ―(維持的人的販売)
    既存顧客から受注を獲得する販売員のこと
  • オープン価格
    メーカーが希望小売価格を表示していないことを表す言葉
  • オピニオンリーダー
    人々の意識に大きな影響を与える人

  • 開拓的広告
    新製品の需要を喚起させるための広告
  • 外的参照価格
    お店で提示されている消費者が確認できる外的な価格
  • 外部環境分析
    マクロ的外部環境とミクロ的外部環境にわけて考える。外部から企業がうける影響を分析すること
  • 開放チャネル政策
    メーカーができるだけ幅広く流通チャネルを持ち、広く最終消費者に商品を届けるときにとる政策
  • 買回品(かいまわりひん)
    消費者が購入する際に、品質・価格などの比較に時間をかける消費財(衣類、家電など)
  • 価格カルテル
    同業他社とお互いに価格を相談して決めること
  • 価格バンドリング
    2つ以上の商品をセットで販売する際の価格を、バラバラで購入するよりも安く設定した価格
  • 革新者(イノベーター)
    新商品を真っ先に購入する消費者
  • 金のなる木
    PPMの分類の一つ
    市場の成長は見込めないが、マーケットシェアは高いため、少ない投資で大きく稼ぐことができる分類
  • 慣習価格
    消費者の中に、価格水準がある商品価格のこと。

  • 企業広告
    企業の考え方、事業内容をつたえるイメージを上げるための広告
  • キャプティブ価格
    消耗品が必要な製品で、本外価格を低めに設定し、消耗品を高く設定する価格設定戦略
  • 競争志向的価格設定
    競合他社やプライスリーダーの価格を念頭において価格を設定する方法
  • 競争地位別戦略
    市場占有率に基づいて4つに分類される。リーダー、チャレンジャー、フォロワー、ニッチャー
    その位置付けに合わせた基本戦略のこと
  • 競争的広告
    製品の成長期にかけて自社の優位性を訴える広告

  • 口コミ(クチコミ)
    商品やサービスについて消費者が感想を投稿したもの
  • グループインタビュー
    調査者が複数の調査対象者に対面でヒアリングを行う調査方法
  • クロスセル
    ある商品を購入した顧客に、別の商品を推奨して販売する行為
  • クロスメディア
    複数の種類の媒体(メディア)を活用したマーケティング手法

  • 計画的陳腐化政策
    製品のモデルチェンジをおおなうことにより新商品を提供してく政策
  • 経験価値マーケティング
    消費者の経験を刺激するマーケティングのこと
  • 現金割引
    掛けや手形で支払わず、現金で支払う際に受ける割引
  • 検索キーワード連動型広告(リスティング広告)
    インターネットで検索された「キーワード」にあわせて表示される広告
  • 限定的問題解決
    消費者が製品についてはよく知っているが、ブランドにくわしくない為、時間や労力をようする

  • 広告
    メッセージの発信者が、媒体を通して、情報を消費者に届ける手法
  • 行動変数基準
    消費者の知識、態度、使用、反応などにより細分化する方法
  • 購買後の行動
    購買前の期待と購買後の内容を比較することで満足度が決まること
  • コーポレートサイト
    企業の情報を掲載したホームページ
  • コールセンター
    電話対応を専門で行う部門
  • 顧客シェア
    1人の顧客が特定の分野で生涯を通して支出する総額に占める自社の割合
  • 顧客志向
    消費者のニーズに焦点をあわせた考え方
  • 顧客生涯価値
    LTV(ライフタイムバリュー)ともいわれる。顧客が新規に購入してから現時点もしくは、継続購入が終了するまでの金銭的指標
  • 顧客データベース
    顧客情報の情報
  • コスト志向的価格設定法
    製造原価に粗利を加算して販売価格をきめる方法
  • コストプラス法
    コスト志向的価格設定法と同義
  • 個別ブランド
    商品ごとに異なる個別のブランドをつける戦略

  • サービス・マーケティング
    無形商材であるサービスを対象とするマーケティングのこと
  • サプライチェーン・マネジメント
    原材料の調達から輸送、最終消費者への販売に至るまでの一連のプロセスをマネジメント(調整・管理)すること
  • 差別価格法
    同一商品、同一サービスでも市場のセグメントを分ける事で異なった価格を設定すること
  • 差別化戦略
    買い手にとって、魅力的な独自性を打ち出すことによって、競合企業に対する優位性を価格以外の点で築くこと
  • サポーティングセールスマン(支援的人的販売)
    受注活動は行わない、販売支援を行う販売員
  • サンプル提供
    商品の需要を促す為に、見本を無料で提供すること

  • 情報処理モデル
    消費者心理の考え方の一つ
    消費者は経験の蓄積である内部情報から、主観的に外部情報を解釈する考え方
  • 市場浸透戦略
    既存市場に既存製品を投入する戦略
  • 市場専門型
    特定の市場に、幅広く商品やサービスを展開してく戦略
  • 市場ポジショニング
    自社の製品が競合の製品よりも優位に立つ市場を検討すること
  • 視聴率
    テレビを所有している世帯のうち番組が放送されている時間に特定の放送局にチャンネルを合わせている世帯や個人の割合のこと
  • 実演
    商品やサービスを実際に使っているところを見せてメリットを伝えること
  • 実勢価格設定法
    競合やプライスリーダーの価格を念頭において、価格を決定する方法
  • 需要の価格弾力性
    価格の変化により需要が変化する度合いのこと
  • 準拠集団
    消費者の態度や行動に影響を与える集団や個人
  • 消費者行動分析モデル
    4つの代表的な消費者の行動を分析したモデルの総称
    刺激ー反応モデル、S-O-Rモデル、情報処理モデル、精緻化見込みモデルの4つ
  • 初期高価格政策
    新商品の価格を高めに設定しておき、商品の成長期に価格を徐々にさげていく政策。
  • 初期低価格政策
    新商品の価格を低めに設定しておき、価格の魅力により一気にシェアを取る政策
  • 心理効果
    消費者が広告を視聴したことにより、広告で訴求していたことの認知屋理解度が向上したかを図ること
  • 心理的価格政策
    消費者の心理に働きかけて購入を促進させる政策

  • 垂直的マーケティングシステム(VMS:Vertical Marketing System)
    メーカーから小売業者に至るまでの流通システムのこと
  • 数量割引
    一度に大量に購入した場合に適用される割引

    • 精緻化見込みモデル
      消費者行動分析モデルの一つ
      消費者の行動は論理的な判断だけではなく、感情的な判断によるものもあるとするモデル。
    • 製品アイテム
      製品ラインの最小分類のこと
    • 製品ライフサイクル
      製品の寿命の流れを表し、導入期→成長期→成熟期→衰退期
    • 製品ライン
      製品の種類、属性、品質、価格、顧客層などで同一あるいは類似しているグループのこと
    • セグメント
      「区分する」「細かく分ける・区切る」という意味で使われる。例)ターゲットを年齢でセグメントする
    • 接触効果
      消費者が広告にどれくらい接触したかを表す、視聴率、リーチ、GRP、フリクエンシーなどがある。
    • 全市場浸透型
      全ての市場に対して幅広く商品を展開していく戦略
    • 選択的チャネル政策
      メーカーがチャネルを限定してコントロールする政策

    • ターゲット
      プロダクトを利用すると想定されるお客様の層
    • ターゲットマーケティング
      消費者のニーズを単一なものと考えて同じ製品を大量に投入するマーケティング手法
    • ダイレクトマーケティング
      メーカーが直接消費者にコミュニケーションを行い販売を実施していく手法

    • 知覚価値法
      価格設定方法のひとつで、消費者がどれだけの価値を知覚するか基づいて決める方法
    • チャネルの長さ
      チャネルの段階数のこと、介在する企業数が多いほど長い。
    • チャネルの幅
      チャネルが市場の流通をどの程度網羅しているかという観点

    • ティーザー広告
      商品を隠したり、一部を小出しにしたりするなどの方法で、消費者の好奇心を呼び起こす広告
    • データベースマーケティング
      顧客のデータベースを活用してすいこうするマーケティングのこと
    • テストマーケティング
      実験販売を行い、最終的なデザインや価格などの商品仕様の決定に役立てること
    • テレマーケティング
      ダイレクトマーケティングの手法の一つで、電話を利用したマーケティング活動のこと
    • 伝統的マーケティングチャネル
      チャンネル構成メンバーである、メーカー、卸業者、小売業者の結びつきが緩やかであり、自律的に活動しているチャネル

    • トリプルメディア
      メディアを3つに分類する考え方で、ペイド、オウンド、アーンドの3分類のことを指す

    • 内的参照価格
      過去の購買経験から形成された消費者の記憶にある価格水準
    • ナショナルブランド
      メーカーが自社で製造販売する製品に使用するブランドのこと

    • バーチャルモール
      インターネット上のショッピングモール
    • ハイ・ロープライシング
      特売など通常の価格よりも安く提供したり、特売を中止して通常価格に戻す方法で、店頭で最も一般的に見られる価格政策
    • 端数価格
      3,999円などの端数が設定されている価格
    • パッケージング
      製品の梱包や容器・デザインなどのこと
    • バナー広告
      バナーと呼ばれる画像にリンクをはり、サイト上に掲載する広告
    • パブリシティ
      企業がマス媒体(新聞社など)に対して新製品の情報などのニュース素材を提供する活動
    • パラエティ・シーキング
      消費者が購入するブランドを抵抗なくスイッチする行動のこと
    • 販売促進
      消費者の購買意欲や販売店の販売意欲を喚起する活動
    • 販売促進割引
      消費者の購買意欲や販売店の販売意欲を喚起するための割引
    • 販売店コンテスト
      販売店を対象としてコンテストを行い、自社製品の販売意欲を向上させる取り組み

    • ファミリーブランド
      市場も製品も同じところを狙っている場合に、すべての製品ラインに同じブランドを使うこと
    • プライスライニング
      一定の価格の範囲では、価格の小さな相違を気にせずに購入するような商品にキリの良いいくつかの価格ラインに設定すること
    • プライベートブランド
      販売事業者が、自ら企画・開発した製品に使用するブランドのこと
    • ブランド
      企業や製品、サービスを識別し、差別化する為に使用する名称やマークのこと
    • ブランド・プラス・グレード
      市場は異なるが、製品ラインのイメージは変わらない場合に、グレードの違いを打ち出すこと
    • ブランド・エクイティ
      ブランドの知名度、ブランドロイヤリティ、知覚品質、ブランド連想、特許、商標などから構成される、ブランドの資産価値のようなもの
    • ブランド拡張
      成功したブランド名を使って既存商品を同一カテゴリーに、少し変えた新商品を導入すること
    • ブランド再生
      製品カテゴリーの掲示のみで特定ブランドが想起されること
    • ブランド知名度
      特定のブランドを尋ねたときにその名称をしっているかどうかという指標。
    • ブランドネーム
      ブランドの名前
    • ブランドの採用戦略
      ブランドを市場と製品ラインの2つの軸で、同質と異質を使い、すべての中間を含む合計5象限で分けて考える戦略
    • ブランド要素(ブランドエレメント)
      ブランド化の手段として言語的・視覚的な情報コード
    • ブランド連想
      ブランド名とある事柄の結びつきのこと
    • ブランドロイヤリティ
      ブランドに対する消費者の忠誠心のこと
    • フリクエンシー(接触頻度)
      一定期間に広告をみた平均回数
    • プル戦略
      広告やパブリシティに重点をおいてプロモーション・ミックスにより、消費者の需要を促す戦略
    • プレミアム
      景品のこと、購入意欲やブランド認知を高めるために使われる
    • ブログ
      個人や企業によって日々更新される日記的なWebサイト
    • プロダクトアウト
      プロダクトつまり、製品ありきで、それをどう販売するかを考える方法
    • プロダクトミックス
      製品の組み合わせの集合体
    • プロモーション・ミックス
      広告、セールスプロモーション、パブリック・リレーションズ、インベスターズリレーションズの4つの活動を組み合わせること
    • 分割ファミリーブランド
      保有するブランドが同じ程度である場合に、なんらかの共通性に応じてブランドを分けること

    • ペイドメディア
      外部にお金を払うパターンのメディア
    • ペルソナ
      プロダクトを利用すると想定される「お客様像」のこと

    • ポータルサイト
      インターネットを利用する際の入り口となるようなWebサイト

    • マークアップ法
      仕入れ原価に利益を加算して計算していく価格設定方法
    • マーケットイン
      市場にニーズがあるがあるものを、作成し、提供する方法
    • マーケットシェア
      市場の中で、どれだけの割合を締めているかを表す言葉。
    • マーケット・セグメンテーション
      市場を細分化することで、市場の特徴を明確にして、ターゲットとする市場を絞り込むことができる。
    • マーケティング戦略
      マーケティングの4Pをどのように活用して、プロダクトを広げて行くのかを考えること
    • マーケティングコンセプト
      マーケティングの基本的な考え方のこと
    • マーケティング・マネジメント
      マーケティング活動を合理的かつ効率的に遂行するために計画、統制すること
    • マーケティングマネジメントプロセス
      マーケティングの4Pを展開していく過程のこと
    • マーケティングミックス
      マーケティングの4Pを独立したものではなく、相乗効果を出すためのバランスを考えること
    • マーケティングリサーチ
      マーケティングの対象領域での必要な情報を収集するための活動
    • マスカスタマイゼーション
      大量生産とカスタム化を同時に対応できるようにした状態のこと
    • マスコミ広告
      新聞、雑誌、テレビ、ラジオの大多数の人への広告
    • マスマーケティング
      市場の消費者のニーズを大きく1つと捉えて大量に同じ商品を投入すること
    • マーケティングの4C
      Customer Value:顧客価値(サービスの内容など)
      Cost:価格(設定価格など)
      Convenience:便益(顧客の利便性など)
      Communication:対話(PRや広告など)
    • マーケティングの4P
      Product(プロダクト):製品
      Price(プライス):価格
      Place(プレイス):販売場所
      Promotion(プロモーション):広告
      マーケティングを行う際に、考えなければいけない範囲のこととして使われる。
    • マーケティングの7P
      Product(プロダクト):製品
      Price(プライス):価格
      Place(プレイス):販売場所
      Promotion(プロモーション):広告
      Physical Evidence(フィジカルエビデンス):物的証拠
      Process(プロセス):サービスの過程・流れ
      People(人):従業員

    • 名声価格
      ブランド品などの高級品にたいし、そのステータスを保つためにつける価格
    • メーカー希望小売価格(参考小売価格)
      メーカーが設定した適正な小売価格

    • 最寄品(もよりひん)
      消費者の購入頻度が高く、意思決定までの時間が短い消費財

    • リーチ
      一定期間に広告を1回以上見た人の見込み視聴者数に対する割合
    • リスティング広告(検索連動型広告)
      インターネットで検索された「キーワード」にあわせて表示される広告
    • リベート
      取引の際の価格ではなく、価格に反映させない実質的な割引金額のこと
    • リレーションシップマーケティング(関係性マーケティング)
      企業と外部集団との関係性に注目するマーケティング概念

    • ロスリーダー政策(おとり価格政策)
      小売店で原価を下回るような価格設定をして、顧客を誘引する政策のこと

    • ワントゥワンマーケティング
      顧客との対話により、個々の顧客の特性に合わせて対応していくマーケティング手法